Hako Note

40代の新規ハロヲタ爺が長文やまとめを書きたくなったときに書く気まぐれブログ。おもてなしのお宿ゴールド会員。人生ヒットエンドラン。

「Hello! Project 研修生発表会2017 ~春の公開実力診断テスト~」が最高だったので感想をまとめておく

f:id:hako_hello:20170506204808j:plain

昨日、5/5に中野サンプラザに「Hello! Project 研修生発表会2017 ~春の公開実力診断テスト~」を見に行ってきました。毎年楽しみにしている公演で、どうしようもなく忙しかった2015年の春も4ヶ月で唯一の休みをこの実力診断テスト参戦に当てたくらいです。大好きです。死んでも参戦しますw

毎年最高なんですが、今年は特に研修生一人ひとりのパフォーマンスが実に熱が入っていてすんばらしかったのと、それだけでなく審査発表後に、アップフロントの西口社長からデビュー確約メンバーの発表などがあり、私を含め中野に参戦したハロヲタ諸氏は過去にない盛り上がりを見せました。「あの場にいて良かった」と心から思える現場だったので、その感想を記録としてまとめておきたいと思います。

 

セットリスト

かつてない31人の参加ということでセットリストなげーよw

  アーティスト名 曲名
M1 ハロプロ研修生ハロプロ研修生北海道 青春Beatは16
M2 つばきファクトリー 独り占め
M3 こぶしファクトリー 桜ナイトフィーバー
M4 No.1 石栗奏美(北海道) Only you(モーニング娘。
M5 No.2 山﨑愛生(北海道) チュッ!夏パ〜ティ(三人祭)
M6 No.3 島倉りか Be Alive(モーニング娘。
M7 No.4 日比麻里那 ガラスのパンプス後藤真希
M8 No.5 川村文乃 夢幻クライマックス(℃-ute
M9 No.6 工藤由愛(北海道) チョット愚直に!猪突猛進こぶしファクトリー
M10 No.7 北川亮(北海道) Danceでバコーン!℃-ute
M11 No.8 松永里愛 SONGS(モーニング娘。
M12 No.9 江口紗耶 What is LOVE?(モーニング娘。'14)
M13 No.10 土居麗菜 今すぐ飛び込む勇気モーニング娘。'15)
M14 No.11 山﨑夢羽 Magic of Love(J=J 2015Ver.)(Juice=Juice)
M15 No.12 井上ひかる My alright sky(Buono!
M16 No.13 米村姫良々 都会っ子 純情℃-ute
M17 No.14 西田汐里 Take off is now!(高橋愛新垣里沙田中れいなモーニング娘。))
M18 No.15 山田苺 MY BOY(Buono!
M19 No.16 前田こころ 好きすぎて バカみたいDEF.DIVA
M20 No.17 児玉咲子 ロッタラ ロッタラBuono!
M21 No.18 佐藤光(北海道) One・Two・Threeモーニング娘。
M22 No.19 金津美月 アレコレしたい!(Juice=Juice)
M23 No.20 清野桃々姫 Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~(モーニング娘。
M24 No.21 河野みのり(北海道) Oh my wish!モーニング娘。'15)
M25 No.22 高瀬くるみ BABY! 恋にKNOCK OUT!(プッチモニ
M26 No.23 堀江葵月 忘れてあげる(アンジュルム
M27 No.24 小野琴己 赤い日記帳(あか組4)
M28 No.25 橋迫鈴 まっさらブルージーンズ℃-ute
M29 No.26 岡村美波 トロピカ~ル恋して~る(松浦亜弥
M30 No.27 中山夏月姫 愛する人の名前を日記にBerryz工房
M31 No.28 野口胡桃 Take off is now!(高橋愛新垣里沙田中れいなモーニング娘。))
M32 No.29 太田遥香(北海道) ちょこっとLOVEプッチモニ
M33 No.30 一岡伶奈 ひとり占めしたかっただけなのに(℃-ute
M34 No.31 段原瑠々 Give me 愛(モーニング娘。
M35 つばきファクトリー 初恋サンライズ
M36 こぶしファクトリー 闇に抜け駆け
M37 ハロプロ研修生北海道 リアル☆リトル☆ガール
M38 ハロプロ研修生 Say! Hello!
M39 ハロプロ研修生ハロプロ研修生北海道 女の園
M40 ハロプロ研修生ハロプロ研修生北海道 Hello!まっさらの自分
M41 全員 彼女になりたいっ!!!

各種受賞者

まずは結果を書いておきますね

ベストパフォーマンス賞:段原瑠々(548票)(次点は川村文乃)
ダンス賞:前田こころ 堀江葵月(発表順)
歌唱賞:山﨑夢羽 井上ひかる(発表順)
キャラクター賞:橋迫鈴

審査後に西口社長より発表された決定事項

演劇女子部とは違ったパフォーマンスが出来るポジションでデビュー
 ・清野桃々姫
 ・高瀬くるみ

ハロプロ研修生リーダー就任
 ・井上ひかる

ハロプロメンバーとしてのデビュー決定(ユニットや時期は未定)
 ・川村文乃
 ・段原瑠々
 ・一岡伶奈(発表順)

Hako Report

 この日は4連番。12列中央ブロックという良席を友人が引いてくれたので、センターから非常によく見える席でおっさん4人並んで観覧いたしました。本当に一人ひとりのパフォーマンスが良かったので、簡単ではありますが、全員感想を書き残したいと思います。あくまでも個人の感想です。その評価おかしいだろ!って思ってもご容赦くだされ。

No.01 石栗奏美(北海道)
 Only you(モーニング娘。

石栗奏美

トップバッターの緊張を感じさせないパフォーマンス。
スキルはまだまだだけど、思い切りの良さを感じた。
キメの表情も頑張ってた感じが見えて良かった。今後に期待。

Only you

Only you

No.02 山﨑愛生(北海道)
 チュッ!夏パ〜ティ(三人祭)

山﨑愛生

ダンスはへっぽこなんだけど歌はなかなか安定してた。とにかくちっちゃくてかわいいw
北海道研修生は全般的にスキルはまだまだだけど素質はありそうな荒削り感。
そして東京のステージでやってやるぞという気迫と気概を感じましたね。

チュッ!夏パ〜ティ

チュッ!夏パ〜ティ

  • 三人祭
  • J-Pop
  • ¥200

No.03 島倉りか
 Be Alive(モーニング娘。

島倉りか

歌声安定してて十分に聴かせる歌だったと思う。
愛くるしいルックスで表情も歌詞に合わせて上手に作っていて、世界観がある子だなと感じました。
27期の中では抜けてお姉さんだけど、その年齢で選ばれたことに納得のスキルの高さ。

Be Alive

Be Alive

ここまで見たところで、島倉さんが思いのほか良かったので、手元のメンバー票に注意印をつけて、それをまずはボーダーにして見ようという視点に。
(細かい採点はしていません。だいたい頭に入ってるし、気になったメンバー、思い返して評価したいなと思ったメンバーに印をつけるだけって感じ)

 

No.04 日比麻里那
 ガラスのパンプス後藤真希

日比麻里那

表情が良かったなという印象。
歌はまだまだだけど、ダンスは片鱗を魅せた感じはある。
ステージ上手に使ってたかな。
ステージ度胸感じる子で今後に期待だなと思いましたね。
表情は年齢よりずっとおとなっぽいんですよね。

ガラスのパンプス

ガラスのパンプス

No.05 川村文乃
 夢幻クライマックス(℃-ute

川村文乃

セクシーな衣装と手足の長いスタイルで立ち姿バツグンのかっこよさ。
そして、相当チャレンジングだったと思える選曲だがダンスはその長い手足で美しく魅せる。
可愛らしい歌声でかっこよい楽曲を安定して歌い、当然評価対象に。さすが。

夢幻クライマックス

夢幻クライマックス

No.06 工藤由愛(北海道)
 チョット愚直に!猪突猛進こぶしファクトリー

工藤由愛

歌いながら「チョット!」のジャンプ2回跳んで、1人でやるのかwと思わせてスタート。
気迫十分やる気みなぎる。
終わってからの感想も「清々しい気持ち」と言ってのける度胸満点。
個人的には北海道で一番注目。

審査員にその衣装どこで買ったのか聞かれたときに「よくぞ聞いてくれました」と言わんばかりに衣装のポイントを話しはじめ、頭についているタコの髪飾りの話を頑張ってした結果、どこで買ったのかの話だったの忘れてたの最高だったなw そして、どこで買ったのかを改めて聞かれたら「サンタさんにもらった」と答えてたのもできすぎw

No.07 北川亮(北海道)
 Danceでバコーン!℃-ute

北川亮

中1とは思えない落ち着き。
スキルはまだまだ子どもだと感じるパフォーマンスだけど、この楽曲でも元気さよりも大人っぽさを感じさせるステージで末恐ろしい。
年齢とともにどんな成長を重ねるのか注目のメンバーですね。

Danceでバコーン!

Danceでバコーン!

No.08 松永里愛
 SONGS(モーニング娘。

松永里愛

今後の成長に期待を持たせる個性的で愛くるしいルックス。
ダンス頑張ってたね。「頑張ってる」ってのが伝わってくるステージだったという印象。
笑顔が素敵な子だという印象だけど、大人っぽい表情頑張ってただけど、かわいい曲も見てみたいですね。

SONGS

SONGS

No.09 江口紗耶
 What is LOVE?(モーニング娘。'14)

江口紗耶

このあたり27期の新人が続くけどみんな選曲が挑戦的w
この曲もどうこなすのかと思ったけど、1人でも頑張ってステージにしてたのは良かったね。
自分が好きな曲を一生懸命やったって感じが見えて実に微笑ましかった。

What Is Love?

What Is Love?

No.10 土居麗菜
 今すぐ飛び込む勇気モーニング娘。'15)

土居麗菜

この子とっても真面目な子なんだろうなと感じさせるステージ。
一生懸命に実直に楽曲に取り組んだんだろうなという印象でした。
歌声は将来性を十分に感じさせるものだったと思います。
(たぶん)努力家だと思うので、今後の成長に期待。

今すぐ飛び込む勇気

今すぐ飛び込む勇気

No.11 山﨑夢羽
 Magic of Love(J=J 2015Ver.)(Juice=Juice)

山﨑夢羽

歌声圧巻。ここまで上手に歌うのかと痺れさせた。
みつばちまき先生は踊って欲しかったとコメントしたけど、歌だけで十分に中野を飲み込んでた。
レベルの違いを見て評価ラインをここに再設定。

Magic of Love

Magic of Love

この夢羽ちゃんから、中堅どころ、ベテランどころが続けて出てくる順番になってて、ここからが本番だぞ、特に中堅どころの成長は見逃せないぞと、背筋が伸びる。ひとりひとりのステージを見る意識がスーッと高まった印象があったね。そういう意味でも夢羽ちゃんのステージは中野の空気を変えましたね。

f:id:hako_hello:20170506212903j:plainNo.12 井上ひかる
 My alright sky(Buono!

井上ひかる

得意のダンス封印で歌で勝負してきた。
上のステージからゆっくり下手の階段を降りてセンターに来たらそこに座っての歌唱。
その瞬間、井上ひかるの歌の世界にみんなが引き込まれるような感覚。
圧巻のステージングで魅せた。

ひかるんの歌声は本当に素敵で引き込まれるものだったけど、個人的には今日は投票の対象外かなというふうに思いました。ひかるん自身ハンデを課してのチャレンジだったと思うし、そういう意味では去年の加賀楓と同様に、新しい私を魅せるということに重きを置いていて、賞狙いではないとも感じました。

My Alright Sky

My Alright Sky

No.13 米村姫良々
 都会っ子 純情℃-ute

米村姫良々

年齢の割に大人びたステージ。
セリフも歌声も余裕を感じさせる安定感。
ここ最近の研修生発表会でその著しい成長を感じていたメンバーなので、そういう意味ではもう一歩何かを超えて欲しかったなとも。
逆に言うとそのレベルにまで来た証左。次なるステップに期待です。

都会っ子 純情

都会っ子 純情

No.14 西田汐里
 Take off is now!(高橋愛新垣里沙田中れいな

西田汐里

この子も大人びた印象を感じさせるメンバーですが、そこはかとなく感じさせる色っぽさで、ダンサブルなナンバーをそつなくこなした印象。
歌・ダンスともに成長を感じました。
ハロプロ内にはいないその独特の空気感と個性がどう伸びるのか今後に期待。

Take Off Is Now!

Take Off Is Now!

No.15 山田苺
 MY BOY(Buono!

山田苺

笑顔いっぱいでのパフォーマンスが印象的。
歌もダンスもまだまだだけど、笑顔でパフォーマンスする感じはアイドルらしいなとも感じました。
もっと元気いっぱいのステージを魅せてくれるといいな、若さを弾けさせてほしいとオジサンは思いました。

MY  BOY

MY BOY

これで前半終了。ここまでで投票の評価対象となっていたのは、島倉・川村・山﨑・井上・西田。気持ち的には山﨑夢羽ちゃん優勝だったなという印象で後半戦に挑む。

f:id:hako_hello:20170506213554j:plain

No.16 前田こころ
 好きすぎて バカみたいDEF.DIVA

前田こころ

可愛さとセクシーさを両立させた衣装がそのスタイルとともに際立つ。
歌ダンスともにレベル高く安定。
「前田こころ」感があるステージでさすがと思わせる。
でも彼女ならこれくらい出来ると感じてしまったのも正直なところ。

このあたりはどこに評価ラインを置くか人によって分かれると思うけど、ずっと研修生発表会を見てきている人間からすると、前田こころちゃんのここのところの充実度は十分に分かっていたので、それを上回るパフォーマンスを期待してしまったというところです。こころちゃんのステージ十分に素敵でした。

好きすぎて バカみたい

好きすぎて バカみたい

No.17 児玉咲子
 ロッタラ ロッタラBuono!

児玉咲子

赤いチアリーダー衣装に大きなスイカの髪飾りで登場し、階段降りながら「今年は新しいさっこぴん魅せます!」と宣言したところが彼女の素晴らしさ100%!
歌もダンスもずっと安定してるし、楽しく魅せる選曲は抜群。
もっと評価されるべき!

ロッタラ ロッタラ

ロッタラ ロッタラ

No.18 佐藤光(北海道)
 One・Two・Threeモーニング娘。

佐藤光

そのルックスを評して「ペルーの古代遺跡の壁画に出て来そうだ」とまことが言ったのは秀逸でしたw わかるww
そのどことなく高貴なルックスは舞台映えしますね。
とにかく荒削りだけど気迫を十分に感じるステージ。

One・Two・Three

One・Two・Three

No.19 金津美月
 アレコレしたい!(Juice=Juice)

金津美月

昨日最も驚いた1人でした。
ほんわかポンコツっぷりが魅力の彼女が歌をしっかり歌っていて、「これが研修生システムか!」と思わずにはいられなかった。
ふわふわしてイメージからは分からないんですが、努力を重ねてきたんでしょうね。
ヒッピー風?の衣装も本人が言うように以前より進化しててそして彼女のイメージにフィットしていて、彼女の魅力が最大限に光るステージでしたね。
いやぁ、ホントに驚いたな。

アレコレしたい!

アレコレしたい!

  • Juice=Juice
  • J-Pop
  • ¥250

No.20 清野桃々姫
 Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~(モーニング娘。

清野桃々姫

彼女の芸達者ぶりが存分に活かされたステージ。
前髪を上げて少し横に流した髪型はバブル期のホステスみたいだったけどw、ステージに上がれば元来の可愛らしさも残しつつ、小さい身体でしっかりと男役を熱演。会場を魅了。
彼女の良さが存分に出たステージだったと思います。まさに末恐ろしい。

演劇の素質を認められているようですし、そのとおり半端ない芸達者ぶりですが、アイドルとしてユニットで活躍する桃々姫を見たいと思いますね。彼女が望む形でデビューが決まることを祈ります。

No.21 河野みのり(北海道)
 Oh my wish!モーニング娘。'15)

河野みのり

このあたりの娘。曲は1人でやるのはキツいんだけど、よく頑張ってステージにしたなという印象。
歌ダンスともまだまだだけど、素質はありそうなんだよね。
爪痕残して来るぞという気迫は感じましたね。

Oh My Wish!

Oh My Wish!

No.22 高瀬くるみ
 BABY! 恋にKNOCK OUT!(プッチモニ

高瀬くるみ

暗転中にピカピカ光るベルトと帽子で登場したときから会場ざわめき。
ド派手な衣装でハロプロど真ん中の楽曲をスキル全開フルスロットルで披露。
歌もダンスも見せ方も仕上がってる感満点。
自分の持ち時間を完璧にプロデュース。自己プロデュース力が高いですよね。
間違いなく昨日の主役の1人でしたね。

BABY! 恋に KNOCK OUT!

BABY! 恋に KNOCK OUT!

No.23 堀江葵月
 忘れてあげる(アンジュルム

堀江葵月

歌が本当に素晴らしかった。
ダンス賞をもらったけど、昨日は彼女の歌の魅力を再認識させるステージだった。
みつばちまき先生の言うように、それでもダンス力の高さを垣間見せる底力。
新人連中とはキャリアがモノが違うと言わんばかりのドヤ顔でのパフォーマンスは貫禄十分。
ハートが伝わる歌声でした。いやあ素敵だったな。


アンジュルム『忘れてあげる』(ANGERME[I’ll Forget Everything For You])(Promotion Edit)

No.24 小野琴己
 赤い日記帳(あか組4)

小野琴己

歌がちょっと弱めのポンコツメンバーだけど、そのスタイルの良さを存分に活かした衣装でセクシーさ全開。
袖が下がって片方の肩が出たまま歌う姿は計算ずくかと思わせる色っぽさ。
歌も丁寧に歌っていてずいぶん成長したなと思わせるパフォーマンスでまだまだ期待。
年齢とともにどんどんキレイになっていきそうですよね。

赤い日記帳

赤い日記帳

  • あか組4
  • J-Pop
  • ¥200

No.25 橋迫鈴
 まっさらブルージーンズ℃-ute

橋迫鈴

挨拶後にステージ真ん中でサングラスをかけた瞬間が昨日のハイライトのひとつ!
会場のざわめき凄かったですね。
下のステージに降りてサングラス投げて歌い始めたところで優勝決定w
キャラクター賞は納得の結果ですね。演出が最高でしたね。
歌はまだまだだけどダンスはなかなかに魅せてくれました。将来に十分期待できるひとりです。

まっさらブルージーンズ

まっさらブルージーンズ

No.26 岡村美波
 トロピカ~ル恋して~る(松浦亜弥

岡村美波

曲に合わせた派手な衣装で可愛さ全開、歌ダンスともにある程度は仕上がっていて、その辺の素人とは違うぞというところを見せつけた。
27期年少組では一歩リード。ステージの完成度はなかなかのものでした。
ただ可愛らしさだけでなく、スキルを上げて新たな魅力を出すことが今後の課題か。

トロピカ〜ル恋して〜る

トロピカ〜ル恋して〜る

No.27 中山夏月姫
 愛する人の名前を日記にBerryz工房

中山夏月姫

ランドセル背負っての登場で会場しばしざわめき。
小学生らしい衣装とかわいらしさだけで押してくるかと思ったら、せつないメロディーに気持ち込めた歌声で表情も良かった。
こういう子たちが研修生のレッスン積むとどうなるか楽しみ。 


ベリーズセレクション#7 菅谷梨沙子『愛する人の名前を日記に』

No.28 野口胡桃
 Take off is now!(高橋愛新垣里沙田中れいな

野口胡桃

身体のラインが出るノースリーブニットにピッチピチのレザーパンツで登場。
客席に背を向けそのプロポーション、お尻から足の身体のラインを惜しげもなく見せるステージングも含め、セクシーさならダントツで優勝。
歌もずっと成長してましたね。最高!
その圧倒的エロさにやられてあまり歌とダンスをちゃんと見られてないんですがw、かなり成長したし、すいぶん練習したんだろうなという印象。
一時期ちょっとふっくらしてましたが、あの衣装を着るためか、プロポーション抜群でしたね。
昨日に賭ける思いが伝わってきて投票しかけましたw。セクシー賞圧倒的受賞。
新たな境地を魅せてくれましたね。

Take Off Is Now!

Take Off Is Now!

No.29 太田遥香(北海道)
 ちょこっとLOVEプッチモニ

太田遥香

可愛らしいステージだったなという印象しか残ってないですw
野口さんのエロさにやられてて、可愛らしさに反応できなくなっていたのかもしれませんw
申し訳ありません!すみません!
あかん、ここが一番記憶が薄い!!
野口さんエロ過ぎでしょww

ちょこっとLOVE

ちょこっとLOVE

ここまで29人。残るはベテランの一岡、段原の2人。
投票のための評価対象にしていたのは、山﨑夢、金津、清野が筆答で、あとが追って川村、井上、西田、児玉、高瀬、堀江、小野、野口あたりまで。
今日は迷うなというのがこの段階での印象。
(印をつけるペンの色が違うのは途中で落っことしたからw)

f:id:hako_hello:20170506215712j:plain

No.30 一岡伶奈
 ひとり占めしたかっただけなのに(℃-ute

一岡伶奈

簡潔に書くのは無理w
それくらいに昨日のいっちゃんは神がかっていました。
これまでの実力診断では楽曲のせいか、どうも彼女の魅力が存分には出てない感じがしてたんですけど、昨日はドンピシャの選曲。
歌声に完全に気持ちが乗ってましたね。心に響く説得力ある歌声でした。
一岡伶奈ここにあり、私だってハロメンになるんだ!諦めてたまるか!という気迫を中野の観客に強く印象づけました。

この時点で、瑠々ちゃんのパフォーマンス残ってたけど、いっちゃんに投票するのをほぼ決めました。それまでの評価対象うんぬん関係なく、今日はいっちゃんの日だって思った。いっちゃんの優しい印象がちゃんと残ったパフォーマンスなんだけど、このステージに賭ける彼女の気持ちがこちらのハートに届いたんですよね。

No.31 段原瑠々
 Give me 愛(モーニング娘。

段原瑠々

えーっと、論文書こうかなww
いやぁ圧巻とはこのこと。凄いパワーのステージを見た。
ダンバラルルここにあり。
ハロプロの歌姫は私だ!」
ハロプロのステージに私を上げてくれ!」
「そしてみんな私の歌を聴け!」そんな風に私には見えました。

最初のイントロで「Give me love」と一言歌った時点で、その歌声はいつもとはワンランク違う、気持ちのこもり方、気迫がハンパないことを悟りました。
これは・・・と涙が流れそうになった。
そして気迫満点に完璧に踊るイントロ。もう目が離せない。
段原瑠々のホンモノの気迫をはじめて見た。
そしてAメロ歌い出し「愛してるのに」の「て~」で、声が裏返るように「泣き」が入る。
気持ちがこもりすぎ力が入りすぎてそうなったのか、計算通り力を入れてそうしたのかは分からないが、完全にハートを持っていかれた。
そのワンフレーズで中野を完全に制圧した。
そこからは完全に段原瑠々ワールド。

Give me 愛

Give me 愛

最初の年、加入して半年の2014春に実力診断テストでベストパフォーマンス賞。
あの頃は入りたてのやたら歌が上手い子でしかなかった。
小6で加入して、この時は中1になったばかり。
見た目も幼く、まだ線の細い子どもという印象だったが、歌唱の技巧で頂点に立った。
歌ったのは「Memory 青春の光」。
彼女の持ち味が出るのはこういったバラード曲が一番だ。
でも、しっかり踊って歌えるんだ、ハロプロのメンバーになるんだと、2015年「GOOD BYE 夏男」、2016年「初恋サイダー」とハロプロど真ん中の楽曲を選んできた。
どれも抜群のパフォーマンスだったが、今回のような気迫まではいかなかった。
研修生になって3年半、いつも高いレベルのパフォーマンスを見せてくれてた段原瑠々が、ステージにありったけの気持ちをぶつけてきた。
去年、思ったのは、段原瑠々の歌は、もう鈴木愛理夏焼雅嗣永桃子と比較するレベルで、研修生のそれではないということ。
そのレベルに彼女はきてるよと思ってた。
でも、昨日のパフォーマンスは、高橋愛とも田中れいなとも鞘師里保とも小田さくらとも比べなかった。比べようという意識にならなかった。
それくらい昨日は段原瑠々の圧倒的パフォーマンスに酔いしれた。
オレはAメロからずっと泣きながら見てた。
満足そうに歌い終えた姿をみて投票を完全に決意しました。

Memory 青春の光

Memory 青春の光

GOOD BYE 夏男

GOOD BYE 夏男

初恋サイダー

初恋サイダー

最後に

昨日はホントに一人ひとりが素晴らしいパフォーマンスだったけど、一岡伶奈段原瑠々が最後の2枠を引いた瞬間からドラマは始まってましたね。
ホントに2人の気持ちが伝わるステージで、中野のみんなが彼女たちのデビューを思い描いたと思う。デビューする姿に思いを馳せたと思う。

その中での西口社長の予定なしでの登壇。そして、得票数1位の段原瑠々、2位の川村文乃、そして最古参の一岡伶奈のデビューを発表した。
この即断即決は宇宙一推せる。そう思った。
彼女たちのこれまでの頑張り、そして昨日のパフォーマンスに、会社もその場で応えざるを得ない状況だったのかとも思う。
情に甘いと言われようともそういう決断をした西口社長に最大のリスペクトを送りたい。
そして「ハロプロ最高だな!」

f:id:hako_hello:20170506220944j:plain

最後は印つける必要もなかったですね。
迷うなぁと思ってたのに、最後に全部持ってかれました。
これが順番違ってたらどうだったかはわからないけど、一岡・段原はどの順番だったとしても渾身のパフォーマンスで中野の観客を魅了しただろうなと思う。
昨日は審査結果、デビュー発表含め、すべてが満足の現場だったよ!最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

瑠々ちゃん、デビューおめでとう。
あなたの歌声を世界中に届けて下さい。みんなが待っていますよ。

f:id:hako_hello:20170506221035j:plain

こぶしファクトリー1stアルバム「辛夷其ノ壱」のオリジナル曲を試聴してみませんか?

明後日11/30発売、こぶしファクトリーの1stアルバム「辛夷其ノ壱」ですが、iTunesでいち早く視聴できると聞いたので、アルバムオリジナル曲の視聴リンクを貼ってみました。迷ってる方は聴いてから購入を判断でもいいかもです!

TEKI

TEKI

残心

残心

辛夷の花

辛夷の花

  ※「サバイバー」は再録ではなく、オリジナルの音源でした。

覚えておきたい「こぶしファクトリー」の定番カバー曲8選

2015年9月にメジャーデビューしたこぶしファクトリー。2016年10月現在、披露済のオリジナル楽曲は12曲。*1。11月にアルバム発売があり、やっと曲数が揃ってくる状況ではありますが、まだまだ少ないオリジナル曲。これまでは、Berryz工房をはじめとした、ハロー!プロジェクトの先輩たちの楽曲をカバーする場面も少なくありませんでした。特に対バンイベントや各種フェスなどの対外現場では、オリジナル曲だけで戦うのが厳しい場面も多く、カバー曲を頼りに戦ってきた一面もあります。逆に言えば、こぶしファクトリーのステージは、ハロプロの名曲を知る良い機会でもあり、カバー曲を楽しみにしているファンも多くいますね。彼女たちが往年のハロプロ楽曲をパフォーマンスすることも、楽しみのひとつであると言えると思います。

そんなこぶしファクトリーの魅力のひとつであるカバー曲の中から、私自身が「これが定番だ!」と思う楽曲8曲をライブ映像とともに紹介いたします。こぶしファクトリーのイベント(販促系ミニライブ・対バンイベント・各種フェスetc.)などを楽しむ上で覚えておいた方が、少し楽しさがアップするのではないかと、おじさんのお節介ですが、最後まで見ていただけたなら嬉しいです。

ここでご紹介するカバー曲は、現在開催中の3rdツアーでは披露されている訳ではありません。3rdツアーの予習をしたい方はこちらを(ネタバレ注意)。

 

 

では、まずはBerryz工房の楽曲から5曲。

『一丁目ロック!』(Berryz工房*2

初披露:2015/11/06
 1stツアー初日@梅田クラブクアトロ

2015年秋に開催された1stツアーにてアンコール明けラストとして使われ、続いて2ndツアー(2016春)でも使われました。サビではファンが「ウォーウォー」と独特のコーラスを入れたり、間奏ではメンバーがファンを煽って、コールやジャンプをさせるなど、メンバーとファンが一体になって盛り上がる楽曲。Berryz工房ファンにも広く愛されてきたこの盛り上がり曲は、ツアー以外でも、対バンイベントやフェスなど対外現場でも多く使われ、こぶしファクトリーの大きな武器のひとつとなっています。ひなフェス2016で、多数のハロプロファンを熱狂させたことは記憶に新しいですね。とにかく熱い!盛り上がります!全力でいきましょ!

↓本家はこちら

『愛の弾丸』(Berryz工房*3

初披露:2015/07/12
 2015夏ハロCHALLENGER公演@日本特殊陶業市民会館フォレストホール

2015年夏のHello! Projectのコンサート、CHALLENGER公演で披露された(※8/1仙台公演からは『ドスコイ~』に変更されたため、3公演のみ)楽曲です。また8/2に行われたTIF2015のHOT STAGEでも披露され、その新人離れした迫力のステージで多くの観客を魅了しました。楽曲数が少なかったこともあり、その後も1stシングルの販促ミニライブでは度々披露された曲で、1stツアーでもセットリストに採用されました。8人全員にソロパートがあり、その歌声を楽しみたい楽曲。個人的にはリードボーカルの広瀬・浜浦が大サビでファルセットを上手く使って歌うところが注目ポイント。ここを聞き逃しちゃダメです!

↓本家はこちら

恋の呪縛』(Berryz工房*4

初披露:2015/11/06
 1stツアー初日@梅田クラブクアトロ

2015/9/23・26に行われた「Hello! Project New Fes!Ⅱ」の「Berryzスピリッツシャッフル」コーナーで、こぶし・つばきの混合シャッフルで披露(こぶし:広瀬・小川・浜浦・田口、つばき:山岸・新沼・浅倉)されたあと、こぶしの1stツアー(2015秋)のセットリストに組み込まれました。Berryz工房初期曲の中でも人気の高い曲で、特に対バンでは強さを発揮し、この曲のイントロが流れると後方にいた他のユニットのファンが前方に押し寄せたこともありました。先輩たちに追いつきたいという気迫が見える一曲。私はそう感じています。

↓本家はこちら

『胸騒ぎスカーレット』(Berryz工房*5

初披露:2015/11/28
 生タマゴshow! Zepp Nagoya

2015年11・12月の生タマゴshowで初披露、その後もミニライブなどで度々披露。2ndツアー(2016春)ではセットリストに入った楽曲です。こぶしファクトリーには珍しく、見せる、聴かせる楽曲で、ショッピングセンター内などのコール禁止の現場での披露が多いのも特徴です。ソロパートが野村・小川・浜浦・井上の4人だけに絞られているのも、こぶしの楽曲としては珍しいですね。逆に残りの4人のダンスを見逃してはいけません。毎回気合い十分に美しく踊ってくれます!

↓本家はこちら

ピリリと行こう!』(Berryz工房*6

初披露:2015/05/16
 New Fes! 渋谷公会堂

2015/5/16に行われた「Hello! Project New Fes!」で披露されたあと、1stシングル販促ミニライブを中心に7~10月にかけては主力楽曲として使用されました。夏らしい明るい楽曲であるため、使用する時期が限られており、使用頻度が減っていましたが、2016年7月には月に3度も披露され、こぶしファクトリーの夏曲のひとつとして健在であることを示しました。メンバーの明るい若さと躍動感を感じる一曲です!

↓本家はこちら

 

 

次にメロン記念日の楽曲を2曲。

This is 運命』(メロン記念日*7

初披露:2015/11/06
 1stツアー初日@梅田クラブクアトロ

2015年秋に開催された1stツアー初日に初披露。ここまでBerryz工房の楽曲を中心にカバーしてきていたのですが、この日から突如メロン記念日の楽曲が多数登場し、ファンの度肝を抜きました。特にメロン記念日屈指のキラーチューンであるこの曲は、とにかく盛り上がりる一曲で、「この先どうする!」以降のサビでは会場全体のボルテージが最高潮に達します。もう炸裂します!
2015年暮れにカウントダウンコンサートで多くのハロプロファンを魅了して以降、こぶしファクトリーにとって、各種対バン・フェスで最も強力な楽曲のひとつとなっていて、多くのアイドルファンを毎回魅了していると言っても過言ではありません。激しいジャンプやコールを伴うため、ショッピングセンター内のミニライブで行うことはなく、ライブハウスや野外会場での披露がほとんどだというのもこの曲の特徴ですね。とにかく一度は一緒に弾けましょう!
※当初はワンハーフでの披露でしたが、2016年夏以降はすべてフルでの披露です。まぁ死にますww

↓本家はこちら

さぁ!恋人になろう』(メロン記念日*8

初披露:2015/11/06
 1stツアー初日@梅田クラブクアトロ

This is 運命」と同様に、2015年秋に開催された1stツアー初日に初披露。こちらもメロン記念日の代表曲で、「運命」に比べると披露回数は少ないものの、根強いファンが多い楽曲ですね。私も大好きです。フリコピ、コールともに楽しい楽曲で非常に盛り上がるんですが、メンバーの歌声をしっかりと聴いておきたい楽曲でもあります。比較的ジャンプなしでも楽しめるため、店舗屋上などの「ジャンプ禁止・コールOK」のミニライブ会場では披露の可能性がありますね。
コールを覚えておくと楽しさ2億倍!
↓本家はこちら

 

 

最後にハロー!プロジェクト モベキマスのあの楽曲です。

『かっちょ良い歌』(ハロー!プロジェクト モベキマス*9

初披露:2015/04/11
 娘。'15 春ツアーOA@札幌市民ホール

2015年4~5月にモーニング娘。'15の春ツアー「モーニング娘。'15 コンサートツアー春 ~GRADATION~」のオープニングアクトとして披露。その後も1年以上の間、こぶしファクトリーのカバー代表曲として君臨していますね。歌を聴かせダンスで魅せる楽曲でありながら、コールで盛り上がる、ライブ向きの楽曲だと言えるでしょう。ツアーのセットリストに採用されたことはありませんが、対バン、フェス、ミニライブ、各種イベントなどでコンスタントに披露されており、2016年9月末現在、カバー曲最多の27回披露されています(娘。OA除く)。
落ちサビ前、はまちゃんの煽りに対応出来ないと泣いちゃいますよw

↓本家はこちら(Berryz工房バージョン)

↓おまけ

編集後記

ホントはキリよく「10選」としたかったのですが、「本気ボンバー!!」「すっちゃか めっちゃか~」(ともにBerryz工房)「かわいい彼」「さあ、早速盛り上げて 行こか~!!」(ともにメロン記念日)などを候補にしたところで、まだ定番とは言い難いなと思い、8つに絞って紹介することにしました。こぶしファクトリーはオリジナル曲がどれも魅力的なユニットではありますが、やっぱりカバー曲にも力があります。このブログを機に「こぶしの運命聴きたいな」「一丁目の盛り上がりやばい!」「こぶしのイベントに行ってみよっかな~」と思う方が出て来たら嬉しい限りです。

*1:トリプルA面×3=9曲のシングルに、「サバイバー」「TEKI」「懸命ブルース」

*2:『一丁目ロック!』はBerryz工房の7枚目のアルバム『(7)Berryzタイムス』に収録。

*3:『愛の弾丸』Berryz工房の26枚目のシングル。

*4:『恋の呪縛』Berryz工房5枚目のシングル。

*5:『胸騒ぎスカーレット』Berryz工房12枚目のシングル。

*6:『ピリリと行こう!』Berryz工房3枚目のシングル。

*7:『This is 運命』メロン記念日4枚目のシングル。

*8:『さぁ!恋人になろう』メロン記念日5枚目のシングル。

*9:『かっちょ良い歌』はハロー!プロジェクト モベキマスのシングル『ブスにならない哲学』のカップリング。

怖くないよ、楽しいよ! こぶしファクトリーのツアー参戦を迷っている方々に

まもなく秋ツアー開幕

さて、まもなく始まるこぶしファクトリーの3rdツアー「こぶしファクトリー ライブツアー 2016秋 ~Hyper Mode~」、今週末の福井・長野からスタートです。
初日9/17(土)の福井はほぼ売切れていますが(夜はわずかに残りあり)、2日目9/18(日)の長野は昼夜ともにまだチケット残っている状況です。
長野駅からほど近い会場ですので、関東、東海、北陸からであればそれほどアクセスも悪くありません。思い切って行ってみてはどうでしょうか?

第2弾の11月の7都市14公演のファンクラブ先行販売も、明日9/14(水)18時までの申し込みです。
行ってみたいと思っているけど、ちょっと迷うな、不安だなって方もいらっしゃると思います。
そんな方のためにも、こぶしのライブハウスツアーについて、私見を少し書かせて頂きます。

 f:id:hako_hello:20160914052346j:plain *1

ツアー参戦を躊躇する原因は?

ツアーへの参加を迷っている方に多いと思われる課題にはこんなことがあるんじゃなかろうかと、ちょっと書き出してみました。

  1. ライブハウス経験ほぼなし。見えるかどうか、怖くないか、なんとなく不安。
  2. Berryz工房メロン記念日などのカバー曲は知らない。盛り上がれるか心配。
  3. 周りに迷惑な人がいて、観覧する上で不快な思いをするのではないかと不安。
  4. コールやかけ声などを知らず、みんなと一緒に盛り上がれるか心配。

こんなところでしょうか。少し長くなりますが、それぞれについて私見をまとめたいと思います。

 f:id:hako_hello:20160914052416j:plain

ライブハウス経験があまりなくて不安な方へ

ホールのコンサートはともかく、ライブハウスのスタンディング現場に不安を持っている方は、それなりの比率でいるのではと思っています。

まずは視界の問題。ちゃんとメンバーが見えるの?

これはライブハウスによってかなり差があります。ステージの高さ、ホール側の段差の有無、ライブハウス全体の広さなどに左右されます。
ただ、こぶしファクトリーのツアーは、1stツアーでも2ndツアーでもお立ち台をかなり上手く利用していました。ステージの左右に設けられたお立ち台に、常に誰かが乗っているような状態で、視界が厳しい現場でも、少しでも見えるように工夫してくれていたように感じています。また、上手側・下手側いずれかの前方に女性限定エリアが必ず設置されており、女性の方も長身の男性に阻まれて視界が遮られるということはありません。
あとは、会場の特性と観覧位置によるところが大きいですが、地方の公演では比較的スペースに余裕があることが多く(残念ながら集客が厳しい会場もあります)、かなり快適に見ることができると言えます。「地元の近くに来るよ!」という方々はチャンスです。是非足を運んでみてください。
f:id:hako_hello:20160914052437j:plain

曲を知らなくて楽しめるか不安な方へ

これも多くの方が感じていることかもしれません。古参のハロヲタでもないし、Berryz工房もほとんど知らないというファンも多いと思います。
これまでのツアーでは、どうしてもオリジナル曲が少なく、カバー曲に頼らざるを得ない状況であったことも間違いありません。
ただ、今回のツアーは、オリジナルのシングル曲9曲をひっさげてのツアーです。カバーの比率はかなり減るのではと思います。とは言え、カバー曲は必ず披露します。不安な気持ちはよくわかります。
でも、まったく知らないカバー曲だとしても、メンバーが盛り上がれるように煽ったり、また、こぶしファクトリーがカバーすることで、古いハロプロの名曲に触れて、新たな発見をするという楽しみもあります。知らない曲をやってくれるのも楽しみのひとつだと考えましょう。 

f:id:hako_hello:20160914052446j:plain

迷惑ヲタでイヤな思いをしないか不安な方へ

何故か、こぶしのツアーが荒れているという噂があるようです。マサイがたくさんいるとか、周りに気遣いのできないファンが多いとか。
私自身はこれまで参加したこぶしのツアーでそのように感じたことはほとんどありません。モッシュが起きたり、ケンカ沙汰になったという話も聞いたことありません。
確かにこぶし組はよく跳びます。ただ、メンバーも一緒に跳びますし煽ります。そういった場面が多いという意味では、こぶしの現場が誤解を受けているのかもしれません。私は極めて健全で平和な現場だと思います。度を超した推しジャンの方も見かけたことはありますが、レアケースです。是非一緒に盛り上がって楽しみましょう!
(当然、人それぞれの観戦スタイルがあります。じっくり見ても楽しいステージですよ!)

f:id:hako_hello:20160914052442j:plain

コールとか出来なくても一緒に盛り上がれるか不安な方へ

意外とこのタイプの方も多いのかもしれません。
(まわりがコール入れたりフリコピしたりしているところで、じーっと見てるだけだと浮いてしまわないだろうか?)(雰囲気に馴染めないんじゃないだろうか?)って不安な方も多いと思います。
でも心配ありません。先ほども書きましたが、観戦スタイルはひとそれぞれです。浮いてしまうこともありません。メンバーのパフォーマンスに夢中になれればそれで十分です。
そんな状況の中で(一緒にコールしたいな)(メンバーのフリコピ少しやってみたいな)と思えばやってみれば良いだけです。フリコピなんて下手くそで良いんですよ。楽しければOKです!

f:id:hako_hello:20160914052412j:plain

迷っているなら思い切って参戦してみよう!

とにかく楽しいのがこぶしファクトリーのライブです!ここまで読んだ方は、曲が好きだったり、お気に入りのメンバーがいたり、元気いっぱいのパフォーマンスが好きだったり、何らかの入口からこぶしファクトリーのツアーに興味を持った方だと思います。
そうです。あなたはもうライブに参戦する準備は完了しています! 今すぐ楽しめる準備が出来ているんです!
こぶしファクトリーのメンバーは、そんな方々を確実に楽しませてくれます。8人のメンバーがファンと一緒にライブを楽しんでいます。そして、彼女たちの若さあふれるパワフルなパフォーマンスで魅了してくれます。ライブが終わったら「不安だな」って思っていた気持ちが馬鹿らしくなっちゃうくらい晴れやかな気持ちになってると思いますよ!

ライブハウスであなたに会えるのを楽しみにしています!

f:id:hako_hello:20160914052354j:plain

 

編集後記

やっぱりこれだけじゃライブ参戦初心者に必要な情報ぜんぜん足りませんね。twitterでツアー参戦迷ってる方に対して少し背中が押せるような私見を書こうと思って下書きしたらちょっと長くなりすぎたのでブログに上げたんですが、まとまって書き残しておくには不十分だなぁといます。ライブ情報の入手方法、チケットの購入、ライブ当日の準備、会場内外でのマナーなど、気になることはいろいろありますよね。近いうちに「こぶしライブ参戦初心者指南書」的なものを作りたいと思っています。乞うご期待。

f:id:hako_hello:20160914052421j:plain

 

 

 

*1:記事の間にある写真は私が1stツアー、2ndツアーの会場で自分で撮った写真です。何となくライブハウスのイメージが湧けばと思って貼り付けました。記事との関連性も順番も関係ありませんのであしからず。

こぶしファクトリー 全ライブ動画

こぶしファクトリー」は、2015年のレコード大賞最優秀新人賞を受賞したハロー!プロジェクトの8人組ユニットです。その魅力は迫力あるライブ、メンバーの力強いパフォーマンス。新人離れしたそのステージをライブ動画で楽しんでください。
動画は上から順に時系列で並んでいます。お披露目時の研修生曲から、ツアーファイナルの新曲披露や新曲発売日のミニライブまで、彼女たちの成長も楽しんで頂けると思います。
※当ブログは随時更新予定です。

 

こぶしファクトリー公式サイトはこちら。

 MusicVideoなどは、こぶしファクトリーYouTube公式チャンネルからどうぞ。
オリジナル曲すべて公開されています。

 メンバー紹介はこちらが詳しいですね。

インデックス

2015/01/02
 Hello! Project 2015 WINTER 『女の園』*1

中野サンプラザ

 

2015/03/01
 Berryz工房祭り『念には念』

有明コロシアム

 

2015/05/04
 ハロプロ研修生実力診断テスト『念には念』

中野サンプラザ

 

2015/07/11
 Hello! Project 2015 SUMMER
ラーメン大好き小泉さんの唄

日本特殊陶芸市民会館フォレストホール

 

2015/08/02
 TIF2015 Smile Girden
念には念(念入りVer.)

TOKYO IDOL FESTIVAL 2015

 

2015/08/02
 TIF2015 Smile Girden
『Crying』 *2

TOKYO IDOL FESTIVAL 2015

 

2015/08/02
 TIF2015 Heat Garage 
『愛の弾丸』『ラーメン大好き小泉さんの唄』『念には念』『かっちょ良い歌』*3

TOKYO IDOL FESTIVAL 2015

 

2015/08/28
 発売記念ミニライブ『ドスコイ!ケンキョにダイタン』

あべのキューズモール

 

2015/11/06
 ライブツアー2015 ~ The First Ring! ~
『一丁目ロック!』 *4

ツアー初日@UMEDA CLUB QUATTRO

 

2015/11/06
 ライブツアー2015 ~ The First Ring! ~
恋のヌケガラ*5

ツアー初日@UMEDA CLUB QUATTRO

 

2015/12/12
 生タマゴShow!『胸騒ぎスカーレット』 *6

Zepp Tokyo

 

2016/01/02
 Hello! Project 2016 WINTER
桜ナイトフィーバー

中野サンプラザ

 

2016/01/30
 ライブツアー2015 ~ The First Ring! ~
チョット愚直に!猪突猛進

ツアーファイナル@福岡DRUM Be-1

 

2016/02/17
 発売記念ミニライブ『押忍!こぶし魂

CLUB CITTA'川崎

 

2016/03/19
 ひなフェス2016『桜ナイトフィーバー

パシフィコ横浜

 

2016/05/04
 ライブツアー2016春 ~The Cheering Party!~
チョット愚直に!猪突猛進

横浜 Bay Hall

 

2016/05/04
 ライブツアー2016春 ~The Cheering Party!~
『TEKI』

横浜 Bay Hall

 

2016/07/02
 アイドル横丁夏祭り!!2016
チョット愚直に!猪突猛進

横浜赤レンガパーク

 

2016/07/16
 Hello!Project 2016 SUMMER ~Sunshine Parade~
『サンバ!こぶしジャネイロ

日本特殊陶業市民会館フォレストホール(初披露)

 

2016/07/17
 Hello!Project 2016 SUMMER ~Rainbow Carnival~
『バッチ来い青春!』

日本特殊陶業市民会館フォレストホール

 

2016/07/19
 音霊ライブ『バッチ来い青春!』

Special Live 2016 Summer in OTODAMA SEA STUDIO(鎌倉・由比ヶ浜海岸)

 

2016/07/27
 発売記念ミニライブ『バッチ来い青春!』

東京ドームシティ ラクーア・ガーデンステージ

2016/09/22
 発売記念スペシャルライブ『懸命ブルース』

YES THEATER

2016/11/03
 ライブツアー2016秋 ~Hyper Mode~
急がば回れ

柏PALOOZA

2016/11/29
 アルバム発売記念ミニライブ
『未熟半熟トロトロ』

CLUB CITTA'川崎

2016/11/29
 アルバム発売記念ミニライブ
『辛夷の花』

CLUB CITTA'川崎

2016/12/18
 研修生発表会
『懸命ブルース』

Zepp Tokyo

2017/01/02
 Hello! Project 2017 WINTER ~ Crystal Clear ~
『GO TO THE TOP!!』

中野サンプラザ

2017/01/02
 Hello! Project 2017 WINTER ~ Crystal Clear ~
『辛夷の花』

中野サンプラザ




★★★★★★オマケ★★★★★★

2016/03/19 つりビットPresents
「俺得だよ!全員集合!~Spring Special~」

桜ナイトフィーバー
押忍!こぶし魂
『ドスコイ!ケンキョにダイタン』
ラーメン大好き小泉さんの唄
『胸騒ぎスカーレット』(Berryz工房*7
『チョット!愚直に猪突猛進』
This is 運命』(メロン記念日*8
念には念(念入りver.)
『かっちょ良い歌』(モベキマス)*9

渋谷・TSUTAYA O-WEST

 

2016/07/02 アイドル横丁夏祭り!!2016 横丁1番地

ラーメン大好き小泉さんの唄
『バッチ来い青春!』
『すっちゃかめっちゃか~』*10
This is 運命』(メロン記念日*11
『チョット!愚直に猪突猛進』

横浜赤レンガパーク

 

2016/08/05 TIF2016 SKYSTAGE

『サンバ!こぶしジャネイロ
『チョット!愚直に猪突猛進』
『本気ボンバー!!』(Berryz工房*12
『バッチ来い青春!』

2016/08/05 TIF2016 HOTSTAGE

念には念(念入りVer.)
ラーメン大好き小泉さんの唄
『オラはにんきもの』
This is 運命』(メロン記念日*13
『マジ グッドチャンス サマー』(Berryz工房*14
『一丁目ロック!』(Berryz工房*15
『サンバ!こぶしジャネイロ

 

*1:『女の園』はハロプロ研修生『1 Let's say “Hello!”』に収録。

*2:『Crying』はハロプロ研修生『1 Let's say “Hello!”』に収録。

*3:『愛の弾丸』Berryz工房の26枚目のシングル。『かっちょ良い歌』はハロー!プロジェクト モベキマスのシングル『ブスにならない哲学』のカップリング。

*4:『一丁目ロック!』はBerryz工房の7枚目のアルバム『(7)Berryzタイムス』に収録。

*5:『恋のヌケガラ』美勇伝のデビューシングル。

*6:『胸騒ぎスカーレット』Berryz工房12枚目のシングル。

*7:『胸騒ぎスカーレット』Berryz工房12枚目のシングル。

*8:『This is 運命』メロン記念日4枚目のシングル。

*9:『かっちょ良い歌』はハロー!プロジェクト モベキマスのシングル『ブスにならない哲学』のカップリング。

*10:『すっちゃかめっちゃか~』はBerryz工房の9枚目のアルバム『Berryzマンション9階』に収録。

*11:『This is 運命』メロン記念日4枚目のシングル。

*12:『本気ボンバー!!』Berryz工房23枚目のシングル。

*13:『This is 運命』メロン記念日4枚目のシングル。

*14:『マジ グッドチャンス サマー』はBerryz工房17枚目のシングル『行け 行け モンキーダンス』のカップリング。

*15:『一丁目ロック!』はBerryz工房の7枚目のアルバム『(7)Berryzタイムス』に収録。